初心者でも介護の仕事がしたい!

介護職でスキルアップするための資格を紹介

資格を取得してスキルアップ!

介護職のスキルアップに必要な資格とは

LINEで送る

初心者からのスキルアップ

初心者からのスキルアップ

介護の仕事が未経験で介護業界初心者であっても、介護業界に転職することは可能です。最初は無資格でも仕事をすることができますが、経験を積んでいくうちに無資格のままではキャリアを積むことは難しくなります。介護職員としての仕事を覚え、徐々にスキルアップしていく必要があるのです。介護の資格はさまざまなものがあり、取得レベルの難易度はそれぞれに異なります。介護職未経験で、介護業界初心者であれば比較的簡単な資格を取得することからチャレンジしましょう。

取得可能な資格とは

介護の資格には、難易度が異なる資格があります。ここでは、それぞれの特徴を比べて紹介します。
まず未経験でも取りやすい資格に「介護職員初任者研修」があります。介護の基礎や知識が得られ、持っていると有利に仕事をすることができます。当サイトおすすめの「未来ケアcollege」は介護資格取得の専門スクールであり、わかりやすい講座内容で資格取得までをスムーズに進めることができます。

未来ケアcollege

次に「介護職員実務者研修」があります。初任者研修よりも詳しく介護について学ぶことができます。また、医療的な専門分野の知識も得ることができます。「介護福祉士」の資格取得のためには、この資格が修了していないと受験資格がもらえないので、重要なものになります。
国家資格である「介護福祉士」を受験するために必要な条件は、福祉関係学校を卒業していること、または実務経験3年以上であることがあげられます。ひとつの目標としてまずは「介護福祉士」を目指しましょう。取得すれば給料アップも期待でき、仕事の幅も広がるため、取得するメリットは多い資格です。
ケアマネジャーである「介護支援専門員」は、介護者のケアプラン作成が仕事です。「介護福祉士」を取得後5年の実務経験が必要で、介護福祉士を取得後のさらなる目標として考えておきましょう。
「福祉用具専門相談員」は、介護保険で福祉用具を購入する際にアドバイスする資格です。厚生労働大臣指定の講習会を50時間受講した後に試験が受けられます。取得すれば就職がしやすい利点もあり、未経験者にはおすすめです。
さらに「同行援護従業者養成研修」では、障害者自立支援法改正に伴い視覚障害者の介護援助を行います。身体回復をサポートする「介護予防運動指導員」や「介護事務」などの資格も介護職初心者であれば、仕事をしながら資格取得を目指すことも可能でしょう。

未経験でも就業できる仕事

未経験でも需要がある介護業界ですが、慢性的な人手不足が解消されないため、安定した求人数が見込める業界です。未経験や無資格であっても、転職にチャレンジすることができます。特に人手不足の現場であれば未経験でも歓迎されることも多いようです。入職後は、現場の戦力になれるよう資格の取得をぜひ目指してみてください。