初心者でも介護の仕事がしたい!

介護職向けの基本的な履歴書の書き方を学ぼう

履歴書の基本の書き方を知ろう

履歴書の基本をおさらい

LINEで送る

履歴書の基本となる書き方

履歴書の基本となる書き方

履歴書の書き方ですが、基本的にはどのような職業も同じ書き方になります。履歴書をみる人は、その文字から人柄を感じ取るため、丁寧な手書きが最も適した履歴書の書き方となります。最近ではパソコンを使った提出書類も多くなってきましたが、履歴書に関しては未だに手書きの方が好印象のようです。履歴書を書く時に、パソコンで制作すると文字に統一感があると感じられるかもしれません。しかし、面接官は履歴書から人間性を審査しているのです。手書きであれば、丁寧に最後まで書いていることが評価されるでしょう。文字に自信がなくても可能であれば手書きがおすすめです。

注意しておくべきポイント

履歴書を書く際にまず気をつけたいことは、誤字脱字です。文字を間違った時点で修正ペンを使用せず、もう一枚再度書き直すことが必要です。記入の際には黒色のペンや万年筆でしっかりと書き、コピーなどの使い回しも避けるようにしましょう。証明写真については、顔のみではなく首元も写るためスーツで撮るようにします。証明写真を履歴書に貼る際には、写真の切り抜きなどはやめておきましょう。このような点については基本的な範囲なので履歴書を書く時には、必ず守って記入しましょう。基本を守れなければ、書類選考で落とされる可能性も出てきます。

介護職向けの履歴書の特徴

履歴書を書いている途中に、自ら考えたオリジナルの文章では、ちゃんと自己アピールできているか不安に思うこともあるでしょう。企業にとって履歴書は、応募者とのファーストコンタクトです。よい印象を与えられる履歴書でなければなりません。介護職を目指そうと考える人が求人に応募する場合、履歴書はどのような書き方だとよいのでしょうか。ここで知っておきたいポイントは、介護職の特徴です。介護職を目指そうとしているのであれば、仕事内容を確認し面接官に伝わるような履歴書を作成しなければなりません。もちろん学歴なども重要ですが、介護職の仕事は人命を預かる重要な職業であるため信頼がおけるかどうかという人間性も求められるのです。履歴書には、自分の考えやアピールできる部分があれば評価の対象になりますので、しっかりと記載しましょう。
即戦力を欲している介護職にとっては、初心者でも熱意があれば採用をされることも多く、介護職を目指そうと考えている人は臆せず応募しましょう。介護職は、人の命を扱う仕事です。採用側は、人間性と将来性が期待できるような人材を探しています。働きながら人材育成をしようと考えているので、将来性があるところを履歴書に記載しておきましょう。
介護職初心者におすすめのサイト「ケア資格ナビ」では、介護業界ならではの履歴書の書き方がマスターできるサイトになっています。ここのサイトを参考にして、履歴書の正しい書き方を学ぶこともひとつの手段です。

ケア資格ナビ