初心者でも介護の仕事がしたい!

介護職は未経験であっても働き始めやすい職業

未経験からでも始めることができる

未経験から介護職をスタート!

LINEで送る

介護業界の今

業界の今

内閣府は、2015年10月時点での65歳以上の高齢者人口は3392万人で、日本は「高齢化」を超えて「超高齢化社会」になったと発表しました。同時に介護利用者の数も年々増加傾向をたどっています。2015年で総人口に占める高齢者の割合は26.7%で、日本の人口の4人に1人が高齢者であるという状況になりました。
高齢者が増えると、介護職員はますます必要とされます。日本では、介護職員の人材確保や育成に国をあげて力を入れている最中です。そして、介護資格取得を促すためにあらゆる支援を見直し、労働環境の改善にも着手しています。介護福祉事業に注目している企業にとっては、国から助成金がでるため、大きなビジネスチャンスにもなるのです。介護事業所が増えていくなかで問題になってくるのが、介護職員の不足です。介護職は未経験であっても雇用枠は多くあるため、他の求人と比べても転職をするチャンスが多い職業といえるでしょう。

初心者の雇用状況

介護職の仕事は、介護の資格を保有していない初心者でもすぐに始めることができます。介護職は、社会的にもニーズが高い職業です。これからの日本を支えるために、優秀な介護職の人材が必要なのです。社会的ニーズが高く、人材を必要としている介護業界ですが、実際にはまだまだハードルが高い仕事だと感じる人も少なくありません。働く環境はよい仕事ですが、どんな仕事をするのか、より明確なビジョンを作るためにも、介護の資格について学ぶことをおすすめします。
介護職は、常に求人が多数あり全国どこでも働ける職場がある魅力的な仕事です。最近では、広告やハローワークでも、介護職員の求人情報が多数掲載されています。以前は採用条件がありましたが、今では未経験者でも応募可能な施設も多く、初心者でも応募しやすい環境といえるでしょう。介護職は、働き方を選べる仕事です。転職初心者であっても、勤務時間を限定して働くことや、正社員希望など、自由に勤務体制を選べるので魅力的です。

将来性のある介護職

介護職は高齢者のサポートや介護利用者の支援が仕事です。応募するときに、特に年齢を問われない傾向にあります。介護職経験と介護資格などの知識があれば、より待遇もよくなり働きがいがでてくるでしょう。さらに、国家資格の介護福祉士や介護支援専門員であるケアマネジャーなどの資格を取得していれば、キャリアアップを重ねることができます。介護の資格があれば、仕事の活躍の場を広げることができます。また、資格を取得することで自分自身のスキルアップにもつながります。社会的にも需要の高い介護職の仕事は、介護職未経験で初心者であってもチャレンジするだけの価値のある業界です。