初心者でも介護の仕事がしたい!

介護職を目指す人に向けた志望動機の書き方を紹介

志望動機の書き方は?

魅力的に見せる志望動機の書き方

LINEで送る

初心者でも採用されやすい志望動機を

初心者でも採用されやすい志望動機を

高齢化が進む日本で今、急速に需要が増え続けている職業は介護職です。介護職は、無資格や介護職未経験からでも始められる職業として人気です。定年退職を迎える一般企業とは異なり、年齢制限がありません。そのため、ある意味自分の判断で働き続けられるので、再就職先として選ぶ人もいます。また慢性的な人手不足が問題となっている介護施設では、即戦力となる人材を探しているため、介護職初心者でも採用されやすい状況があります。
しかし、社会人としての常識を持っているか、信頼できる人材であるかを、厳しくチェックされることもあります。そのチェックをくぐり抜けるためにも、採用される履歴書の書き方を知り、好印象を抱いてもらうことが重要になります。履歴書のなかにでも特にポイントとなる志望動機も、書き方次第でストレートに意欲が伝わるはずです。

志望動機の重要性

志望動機は、転職する際に重要とされる部分です。この部分が採用されるか否かを大きく左右するので、面接官の心に響く志望動機を構成しましょう。履歴書に添付した証明写真などで印象がよくても、志望動機がしっかりとした内容でなければ採用にはつながりません。面接官が求めていることが、履歴書の志望動機に必要なのです。
企業側が最も注目している志望動機ですが、実際の審査中に多くの履歴書をみていると、同じような文章にみえてきます。転職を成功させるためには、履歴書に目を通す担当者にオリジナルの文章でアピールし、自分の経験やスキル、働いて自分がどうなりたいかという将来的なビジョンを伝えることがポイントです。働きたい意志を明記し、志望動機を構成してみましょう。

介護職向けの志望動機の書き方

志望動機の構成が決まれば、あとは具体的に自己アピールを書いていきましょう。介護職初心者であれば、介護職を目指そうと思ったきっかけや今後どのような姿勢で仕事に取り組む予定なのかを明記していきます。これまでの経験により、仕事にどう向き合ってきたのかを書くことや、事前に勉強をしてきた部分をアピールしましょう。そして、介護職を志望する理由を詳細に書くことによって面接官の心に響く志望動機を作り上げるのです。
しかし、狙いすぎて逆に分かりにくくならないように、シンプルかつ簡潔にまとめるように心掛けましょう。自分の個性で強みとなるような部分をアピールし、働いている姿を連想してもらえるようにします。介護職の魅力と、多くの介護施設のなかからここを選択した理由を伝えます。今後取得したい資格なども積極的に盛り込みましょう。自分次第でキャリアアップ可能な部分も書いておくと印象はよくなるはずです。